秋山木工が考える家具とは、ただの「モノ入れ」ではありません。丁稚の頃から心身を鍛え、技術を研磨して日本の伝統を受け継いできた職人が、お客さまのご要望の先にある「想い」を形にしています。

 たしかな技術と、人を喜ばせたいという職人の想いの心、そしてお客さまとの想いの連鎖ができてこそ、魂が揺さぶられるような本物の家具が生み出される。私たちはそう考えています。

 こうして生まれた家具こそが、お客さまの愛情に育まれながら、何代でも受け継がれる、かけがえのない存在になってくれると信じています。

​「世界にたった一つの家具」とともに生きる喜びを、全力でお手伝いします。

1/8

秋山木工では総勢14名の家具職人と丁稚(家具職人見習い)が、日々上質な家具作りに取り組んでいます。木工家具に関する知識・技術はもちろんこと、お客さまに感動を与えられるよう、家具作りを行って参ります。

長きに渡り使うことができる家具を生み出す

 近年、"家具は使い捨て" という感覚が広まっていますが、こころ豊かな生活において本当にそうあるべきでしょうか。

 木工家具は、色合いや傷など、使っていただく方の人生がところどころに現れるものです。本当に気に入った家具を使っていただくことで、お客さまの家族や仕事など、過去・現在・未来につながりを感じることができるものなのです。

 秋山が貫く「木の道」では、こうした豊かさを提供するため、少しでも長く使っていただくことのできる家具をご提供したいと考えています。

​こ の み ち

丁稚制度

" 環境が一流を育てる。"

 秋山木工では、家具職人の見習いを鍛錬する仕組みとして「丁稚制度」を導入しています。"丁稚"たちは日々の厳しい修行を通して寝食を共にし、この道のプロとして練度のみならず人間力も磨き、成長させています。

 一流の先輩職人と共に過ごす濃密な時間は、人として・家具職人として、「どう行動するべきなのか」「なぜそうするべきなのか」を考えるきっかけとなります。こうした時間が丁稚たちを切磋琢磨させ、一流の家具職人になっていくのです。

​ 丁稚の一日は早朝ランニングから始まります。食事の礼儀、挨拶、読み書きそろばんなど、現代ではおおよそ時代遅れとされる取り組みを、秋山木工はあえて重視しています。こうした取り組みによって、丁稚たちの"心技体"をバランスよく鍛えることができ、自らの技に溺れることのない職人へ成長することが期待できるのです。

1/5

​職人&丁稚紹介

​ 職人 

​ 丁稚 

名人

​福田光位

工場長

​山本眞暢

工場長

​清水歓太

​副工場長

​佐川規矩

副工場長

​林洋平

​三年目/茨城出身

佐藤修悟

​一年目/長野出身

山田渓太

一年目/北海道出身

​米林雄斗

五年目/神戸出身

佐藤伸吾

三年目/京都出身

加藤颯人

三年目/東京出身

内藤恵悟

五年目/群馬出身

小林眞之心

五年目/福井出身

若泉和武

五年目/長崎出身

岩田洋彦

採用説明会

"秋山からの手紙"

毎週土曜日

9:00~12:00

​※事前予約必須

2020年度採用に関する説明会

 秋山木工では2020年度に向けた採用説明会を行なっています。説明会にご興味のある学生・ご父母・その他教育期間のみなさまは下記のボタンから詳細をご確認ください。

最新ニュース

2020 Akiyama Mokko Co., Ltd. 

All Rights Reserved.

  • Instagram

〒224-0004 神奈川県横浜市都筑区荏田東町4394

info@akiyamamokkou.co.jp | Tel: 045-911-8020 | Fax: 045-911-8301